【日本GH協・研修案内】近年の水害の傾向と施設の実態に応じた避難計画作成の進め方~水害や土砂災害から利用者・職員の命を守るために!~

公益社団法人日本認知症グループホーム協会 災害対策委員会主催
近年の水害の傾向と施設の実態に応じた避難計画作成の進め方

~水害や土砂災害から利用者・職員の命を守るために!~

近年、多発しているゲリラ豪雨や土砂災害。
どうすれば被害を最小限に留めることができるのか、また、グループホームで暮らす利用者をどのように守ればいいのか、
事業者である我々がしっかりと意識を持ち危機管理を身につけなくてはなりません。
この研修では事業者として何をすべきかを、過去の水害被害を振り返りながら学びが得られる内容となっています。
多くのご参加をお待ちしています。

研修案内はこちらからダウンロード
【会場地図】

プログラム・参加申込書はこちらからダウンロード

◆日時:平成31年3月8日(金) 13時00分 〜 16時50分 (12時30分受付開始)
◆場所:【フォーラム会場】主婦会館プラザエフ 9階スズラン
    【情報交換会】F(エフ)2階
    東京都千代田区六番町15 TEL:03-3265-8111
    JR四ツ谷駅麹町口より徒歩1分
◆講師:公益財団法人市民防災研究所
    理事・事務局長 坂口 隆夫 氏
◆費用:会員500円、非会員1,000円
   ※研修終了後の情報交換会(17時~18時開催)参加希望者は別途3,000円
◆定員:80名(定員となり次第締切らせていただきます)
◆締切:3月1日(金)まで延長いたしました!
◆申込方法:申込書をダウンロードのうえ、FAXにて日本GH協事務局までお送りください
      (FAX:03-5366-2158)

【本件に関する照会先】
(公社)日本認知症グループホーム協会事務局
 TEL:03-5366-2157 FAX:03-5366-2158