【日本GH協】<<重要>> 「グループホームケアの効果・評価に関する調査」へのご協力のお願いについて

平成29年8月14日

 平素より本会事業の推進につきましては、格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
 さて、当会では、今年度、厚生労働省老人保健健康増進等事業として、
「認知症グループホームにおけるグループホームケアの効果・評価に関する調査」を実施します。
今回の調査のねらいは、グループホームケアの「効果」を信頼性・妥当性のある評価スケールを
用いて客観的に評価し、グループホームケアの「有効性」、グループホームでの暮らしの
「良さ」を証明したいというところにあります。
 つきましては、お忙しい中、誠に恐縮ですが、本調査の趣旨にご理解を賜り、
何卒ご協力いただきますよう宜しくお願い申し上げます。

<お願い>
本調査では、8月下旬から10月末までに新たに入居される利用者(以下、「新規入居者」)を対象に、以下の調査を実施します。
  ①入居前の「新規入居者」のBPSD、QOL等に関する調査
   (入居前の調査は必須ではありませんが、極力、ご協力をお願いします。)
  ②入居後1週間の「新規入居者」のBPSD、QOL等に関する調査
  ③入居後1か月経過後の「新規入居者」のBPSD、QOL等に関する調査
  ④入居後3か月経過後の「新規入居者」のBPSD、QOL等に関する調査

◆貴グループホームにおきまして、上記の「新規入居者」の予定があり、かつ本調査にご協力いただける場合には、
 下記より依頼状をダウンロードのうえ、依頼状1ページ目中段の
 「グループホーム名・住所・連絡先・担当者氏名」 に記載のうえFAXまたはメールにてご返送願います
 ※ 今後、「新規入居者」の予定が出てきた場合にも同様にお願い致します。
 
  【依頼状ダウンロードはこちらから】

【返送先】日本GH協事務局 行

  FAX:03-5366-2158  メール:hori@ghkyo.or.jp  
【本件照会先】 
  日本GH協事務局 担当:堀、片山  TEL:03-5366-2157